So-net無料ブログ作成
検索選択
- | 2015年11月 |2015年12月 ブログトップ
前の5件 | -

特別な猫 4 [特別な猫]

こんにちは
じゅらまろです。

今年は暖かいと思っていましたが、突然寒くなりました。
まだ衣替えしてなかったので、完全に出遅れました。
皆様も風邪など召さぬよう、お気を付けくださいね。

その日は突然やって来た


数年前のちょうど今頃です。
その日もジェーになんら変わった様子はなく、朝ご飯をしかと食べ「くぁーっ」とあくびをしてこたつの側で横になっていました。
仕事に出かけるときにはいつものように、足先で猫の横腹をちょいと触ると「うるる」という鳴き声(行ってらっしゃいの挨拶代わり)。
仕事が早帰りの日で、午後2時頃には家に帰ってきました。
居間に入るとソファにおデコを押し付けたまま箱座りで寝ています・・
日だまりの中で、気持ち良さそうに。
「ただいまー、帰ったよー、起きてー」「・・・・」
動かない・・・
「ねえ、帰ったよ、起きてよ」

一瞬状況が理解できなかった。
「いやだーっ!!死んじゃだめーっ」
まだ温かい体を必死にマッサージしました。このとき、猫にも死に水があることを知りました。
パニックになり、夫に電話をかけたけどどうしていいのかわからなかったのです。
夫が帰るまで猫の亡骸をずっと抱いて絶叫し号泣しました。
苦しんだ様子はなく、眠りながら死んだようでした。

この15年一度だって病気等で医者にかかったことさえなかったのに、別れは突然やってきました。
本当に飼い主孝行な猫だったんですね。
あんなに悲しいことはありませんでした。
年齢を考えればそう遠くないであろう別れ、考えたくなかったのです。
もう、二度と猫を飼うのはやめよう、本当にそう思っていました。
あのときまでは。

お読み頂きありがとうございます。
皆様に雪崩のように良いことが起きますように。


スポンサードリンク



特別な猫 3 [特別な猫]

こんにちは
じゅらまろです。

今日はコンビニの中華丼食べました。
朝はお弁当作る余裕がないので、基本的にコンビニになっちゃいます。
ほんとはコンビニのごはんは、私には味付けが濃いので食べすぎると具合悪くなることもあるのでいかんと思いつつ。
ご飯と即席みそ汁を持って行って済ますこともあるんですけどね。
もちょっと朝頑張らんといけませんね。

スコティッシュフォールドとの生活



ジェーは本当に本当に可愛い猫でした。(そのうち画像のせます。)
まあるい体にまあるい目、折れた耳でおっとりした性格で、鳴き声は遠慮がちでした。
あるときピザ屋さんが来た隙に玄関先に閉め出されたのですが、まったく気づかず・・・
ちょうど窓が開いていて「にゃー」というかすかな声が・・・
「ん?のらちゃん?」と思って見るとジェーだったのでした。
それくらいおっとりした猫でした。
柱で爪を研いだりもしないし、もちろん人に爪もたてません。
玄関先にだれか来れば、ちょこんと座っておもてなし。
生まれつき目が良くないのか、高いところに登ると降りられないので、人間のソファより高いところには乗りませんでした。
個体差はあるにせよ、スコティッシュフォールドはとても飼いやすい猫だと思います。
この子が2歳になる前に人間の息子が生まれました。
寝室で泣き出すと親よりも気にして、息子の周りをぐるぐるしてましたね。
母性本能なんでしょうか?オスなのに・・・?
息子が大きくなってくると怪獣化してたので触らせませんでしたけどね。
晩年は逆に懐くようになり、猫って人間次第なんだなあって思います。
私に対してはもうほとんどストーカーのよう。
帰れば玄関を開ける前から鳴いているし、2階でアイロンかけすればいつの間にか後にいます。
寝る時は私の頭の上で髪の毛をはみはみ・・・
猫からこんなに愛されてるって感じたのは初めてでした。
そんな素敵な生活はおよそ15年続きました。
病気などしたこともなく、もう少し長生きしてくれるものと思っていたのです。

お読み頂きありがとうございます。
皆様に雪崩のように良いことが起きますように。


スポンサードリンク



特別な猫 2 [特別な猫]

こんにちは
じゅらまろです。

毎日毎日ごはんの献立考えたり、準備したり大変ですよね。
今回のように3連休ともなると、私は食べちゃー片付け、食べちゃー片付けです。
ラグビーワールドカップは終了しましたが、入れ替わりにトップリーグ、更には大学選手権など、我が家のテレビは常にラグビーが映っています。
なので、ごはんも当然家で・・・
あー美味しいもの食べたいなあ・・

耳折れちゃん


ブリーダーさんから頂いた猫(お金は後日お支払いした)は、前述の通り一番情けない感じの猫でした。
でも、しっかり耳が折れたイケメンだったんですよ。
ブリーダーさんが小さな箱に入れてくれたのですが、車の中であんまり鳴くので出してあげると、とおーっても大人しく、膝の上で寝るんです。もおーっ、カワイ過ぎます。
彼はその日から毎日本当に素晴らしい猫生活をもたらしてくれました。
飼ってからしばらくは昼間のお留守番が気になって仕方ありません。
仕事中のなんだかいやな予感は的中し、キッチンのサラダオイルで油まみれに!
これは本当に私の不注意でした。猛反省です。
すぐにお風呂で洗いましたが、油っぽさが取れるまで何日もかかってしまいました。
幸い猫は大事に至らず良かったです。
と思ったのもつかの間、リビングになんだか輪ゴムのようなもの・・・はて?
近づくとなんか、う、動いてるーっ!!
結局ノミが原因の猫回虫というやつでした。あーびっくり。
病院で薬をもらい、ノミは徹底的に駆除しました。
その後はすくすくと大きくなり、本当にスコティッシュフォールドの見本のような見た目になりました。

つづく

お読み頂きありがとうございます。
皆様に雪崩のように良いことが起きますように。


スポンサードリンク



特別な猫 [特別な猫]

こんにちは
じゅらまろです。

先日、某資格検定試験を受けてきました。
試験なんて何年ぶりだろう・・・周りはといえば学生と思しき人々がほとんどで、私と同じような社会人もちらほら。
試験の結果はまだ出ていませんが、うーん、どうでしょう・・・
今回は結構難しめだったようです。
やっぱり資格とかは若いうちに取った方がいいです。
学生の皆さん、遊ぶことも大事ですが若い時にお勉強するのはとってもいいことですよ。

ジェー


これまでは歴代の猫をご紹介させていただきましたが、この猫は特別な猫です。
何が特別かというと、前回までお読み頂いた方はお分かりのように、それまでは猫を最期まで飼ってやれませんでした。いなくなったり、養子に出したり・・・
で、この子はブリーダーさんからもらって来てから亡くなるまでの15年を供に過ごした猫なのです。
この子には本当に特別な思いがありますので、お話も長くなりますがお暇があればお読みください。

当時私は結婚したばかりでしたが、夫の出張がとても多くて一人で過ごすことも多かったのです。
子供はもともと好きではありませんでしたので、特に望んではいませんでした。
でも、猫はどうしても飼いたくて、ペットショップに見に行ったりしていました。
まんまるで愛くるしいスコティッシュフォールドがどうしても飼いたくてたまりません。
あるとき抱かせてもらったスコちゃんは(ちょっと育って大きめ)とっても可愛くて、一緒にいった夫に「ほら、もういいでしょ。離して」と言われるくらい、あやうく買いそうになってました。
後日、二人で話し合い、休日にでもスコちゃんのブリーダーさんのところへ行ってみようということになりました。(夫も非常に猫好き)
ブリーダーさんは東京の郊外に住まわれていまして、スコちゃん意外にもアメショーやメインクーン等まあまあそれはかわいい猫ちゃんのオンパレードでした。
そこで出会ったのがジェーでした。
彼は他の猫が走り回る中一人ケージに入れられて、こちらを見て「にゃあにゃあ」鳴いていました。
ブリーダーさんに確認して抱き上げるとぶるぶる震えていました。
多分あの中で一番情けない感じの猫だったと思います。
なんだかほっとけない感じになり、「この子にします。」と決めました。

つづく

お読み頂きありがとうございます。
皆様に雪崩のように良いことが起きますように。


スポンサードリンク



タグ: 雑話

歴代の猫 4 [歴代の猫]

こんにちは
じゅらまろです。

フランスでまたテロが起っていますね。
私も昔パリに行ったことがあるのですが、当時はとても平和でした。
ぼーっと歩いていたら、友人たちとはぐれてしまいましたが、一人でも無事にホテルに帰れました。
当時は添乗員さんに「ヨーロッパでは物は盗られても殺されることは滅多にないです。」と説明されてたくらいです。
時代は変わってしまったのかな・・・
亡くなられた皆様のご冥福をお祈りします。

ロディ


この猫は時系列で書いているので登場させましたが、私の飼った猫ではありません。
居候していた友人の猫で、ほんの数ヶ月だけ我が家にいました。
ロディはレオパードキャットで、当時は(今も?)とっても珍しい猫でした。
友人はお金持ちだったので、50万円で買ったそうです。
うちに来た当時は生後2ヶ月ほど。まあるいお耳がとってもキュートで手触りはビロードのようでしたが、やはり野生に近いのか「びゃーっ」という低めの鳴き声。
猫とともに運ばれて来たのが2階建ての大きなケージでした。
「オイオイ、うちは動物園になんのか?」と最初はびっくりしましたね。
ペットショップのオーナーさんによると、家猫との交配で認可されている種ではあるが、野生の本能が強いので普段はケージで飼った方が良いとのこと。
確かに成長するに連れてどんどん激しくなってました。
普段は家猫と同じようにすりすり甘えてくるのですが、暴れだすと火が付いたよう・・・
ケージだけでなく革のリードを付けていたのですが、そのリードも噛み切ってしまい、細めの鎖で繋ぐはめになり・・・(これ猫だよね?ね?)
結構恐怖を感じながら生活していました。^^

生後6ヶ月位の頃、友人の実家に友人とともに帰って行きました。
その2年後くらいに友人の実家に遊びに行きましたが、りっぱなヒョウ柄猫になってました。
前述の通り、友人はお金持ちだったので、ロディは猫部屋をゲットしてましたし、お母様にとても懐いていたようです。(なんか、叶姉妹を思い出す)
めでたし、めでたし

お読み頂きありがとうございます。
皆様に雪崩のように良いことが起きますように。



スポンサードリンク



前の5件 | -
- |2015年11月 |2015年12月 ブログトップ