So-net無料ブログ作成

怖くないけど不思議なこと [猫生活]

こんにちは
じゅらまろです。

なかなか更新できませんでした。
週末も忙しくて、今週はお家の掃除も出来ていません(゚Д゚)<アラヤダ!
・・という言い訳。

良いお知らせとしては、息子の所属するチームが九州地区で優勝したため、次の試合がjspotsで放映されるやも知れず、まだ試合に出してもらえるかもわからないのに、何だかワクワクしております(笑)


人生での奇妙な体験


私は10歳から東京で生活していまして、母を亡くしてからは一人暮らしをしていました。

当然、結婚後は新居を構えた訳なのですが、ある日とても不思議なことがありました。

結婚して1年後に転職したため、退職後、勤めていた会社から離職票が送られたのですが、結婚後の住所が更新されていなかったのか、以前一人暮らしをしていたアパートに届いてしまったのです。

知らせてくれたのは、そのアパートの一階に住む大家さんでした。
一駅で近いこともあり、取りに来て欲しいと言うので伺ったところ、受け取った封筒がなんと既に開封されてしまっていたのです。


軽く怒りを覚えながら大家さんに伺うと、実は元の私の部屋に今住んでいる方が自分宛と勘違いして開けてしまったとのこと。

「えー?でも普通は宛名を確認しませんか?」
と言うと、

「それがその方、あなたと名前が同じなんです。」

「は?」
一瞬、全く何を言っているのかわからず

「えっと、私と同姓(結婚前)同名ということですか?」
ともう一度聞くと、

「そうなのよ、あなたと同じ樹羅麻呂子さん(仮名)っていうのよ」

と言うではありませんか?

「だから自分宛と思って開封してしまったらしいの。」

「・・・・・。」

結局、そのままお礼を言って大家さんの所を後にしましたが、かの同姓同名の方にはお会いすることはありませんでした。

全く同じ住所の同じ部屋に同じ名前の人間が続けて住む、などということがあり得るのでしょうか?
実際あり得たわけですが。

私の本名はそんなに珍しい名前ではありませんが、かといってよくある名前でもないです。
苗字でいう山田さんや高橋さん、田中さんというように、すぐに思いつく苗字でもありません。

世の中には全く、奇妙なことがあるものです。



まろちゃんとティマは今日も元気です。

寒くなって来たので、毎晩一緒に寝ています。
左の小脇にティマ、股ぐらにまろちゃん、という猫たんぽ2個使用により非常に暖かいです。

ダブルアンモニャイト
IMG_2204.JPG


悟りはいつ開かれるのか
IMG_2214.JPG



IMG_2215.JPG


IMG_2229.JPG



またのご来訪をお待ちしております。
ありがとうございました。
nice!(58)  コメント(16) 
共通テーマ:ペット